ナガサキノート:山田英子さん(1928年生まれ)

 今年2月、長崎市の聖フランシスコ病院で、1人の女性が生涯を閉じた。山田英子(やまだえいこ)さん、90歳。遺影はあらかじめ、自分で選んであった。

 長崎に原爆が投下されたとき、英子さんは長崎純心高等女学校(現・純心女子高)に通う16歳だった。親戚や大勢の級友を亡くした。その記憶を公の場で話したことは一度もなかった。

 それでも、「残したい」と思った人がいた。ずっと一緒に暮らしてきた末娘の哲子(てつこ)さん(53)だ。晩年の母から体験を聞きとり、およそ1700字にまとめた。

 哲子さんは5月17日、体験記を寄贈しようと国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館を訪れた。祈念館で調べ物をしていた記者は、哲子さんと職員のやりとりを偶然耳にし、哲子さんに取材を申し込んだ。

 英子さんは、どんな女性だったのか。哲子さんはなぜ、体験を残したいと思ったのか――。

【動画】思いを託された「モノ」をめぐる、人々の物語=西田堅一、上田幸一撮影
pk10开奖历史【3Dで特集】ナガサキノート あの日、人々の足取り
1945年8月9~10日に爆心地数キロ圏内にいた人を中心に約150人について、証言から推測される足取りを地図上に再現しました。一人ひとりの証言が読めます。

潜伏キリシタンだった祖先

 英子さんの旧姓は「畑田」。祖…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら